【心理学】バイオエナジェティックス 心身の健康体操


著者:アレクサンダー・ローウェン、レスリー・ローウェン

<3行あらすじ>
トラウマやら心の傷は
筋肉の緊張やら収縮になるので
ほぐしましょう

<3行感想>
フォントが読みにくい
文体が読みにくい
消費税なくならねーかな

図書館にもないので、アマゾンマーケットプレイスで購入

消費税がなかった昭和60年、定価1600円での発行です

2017年8月、送料込で5000円強でした

「からだと性格」の著者の本です

例えば、乳児期に泣いたまま放置されると、やる気のない諦めた人間が出来上がりますが
(かなりおおざっぱ)
その、乳児期に泣いた時に収縮した筋肉はそのままなんです

その収縮をほぐすと、その時の感情が出てきます、つらいです

しかし、諦めたような性格は変わります

生体エネルギーがその筋肉の収縮でブロックされて停滞することで、やる気のない性格が形成されます

ブロックがなくなることで、本来の人間としての在り方に近づけるというわけです

生体エネルギー

ちょっと胡散臭い言葉ですが、イヤだったら血行だとかに読み替えてください

某団体さんはこの本の内容をセミナーだのワーク(笑)だの開催して
一人何十万、コーチング合宿何百万とか聞きました

ええなあ~

その生体エネルギーを、人体にとって正しく循環させるための運動の本です

*トラウマ解消には、バイオエナジェティックスのエクササイズだけでは足りません
自覚が必要なので、分析が必要とのことです(「からだと性格」にそう書いてありました。たしか)

エクササイズは呼吸法やマッサージ方法も含めて全部で102種類

もりだくさんで惜しみなく載っています
現代の薄めて延ばして価格上乗せ商法とはまったく違う雰囲気です
コーチング系やヨガ講師、整体師とか
人の身体をみたり、触ったりする人は是非参考に読んでほしいです
人体の基礎知識がある人が読んだら効率よく頭に入りそうだなあ、と思う

 

感想文

Posted by アマンダ九田